ウィンストン の変更点


このwikiは 管理人がパスワードを持ったまま居なくなったため機能していません。
以下のwikiを利用して下さい。
#norelated()
#description("オーバーウォッチのキャラクター『ウィンストン - WINSTON』の性能、アビリティ、考察に関するページです。" )
#contents()
*&winston; ウィンストン - WINSTON [#v6161d03]
|>|CENTER:&ref(編集用画像一覧/winston.png,,30%);|
|~ロール|タンク|
|~本名|ウィンストン|
|~年齢|31歳|
|~職業|科学者、冒険家|
|~活動拠点|ホライゾン・ルナ・コロニー(旧拠点)|
|~所属|元・オーバーウォッチ|
|~ヘルス|400|
|~アーマー|100|
|~シールド|-|
**アビリティ [#x0632afb]
***テスラ・キャノン - TESLA CANNON [#rfe23923]
&ref(編集用画像一覧/key_pc_hidari.png,,100%); &ref(編集用画像一覧/key_ps4_r2.png,,100%);
|BGCOLOR(#333333):#ref(編集用画像一覧/winston_icon_1.png,40%)|~弾数|100|
|~|~ダメージ|60ダメージ per second|
|~|~ファイアレート|20rps|
|~|~射程|8メートル|
|~|~ヘッドショット|-|
|~|~リロード|1.5秒|
|~|~PCデフォルトキー|左クリック|
|~|~PS4コントローラ|R2|
近距離用の武器。トリガーを引いている間、電撃を放射する。
-範囲内に敵が居れば照準があってなくても攻撃できる
-複数人に攻撃可能
-ラインハルトのバリア・フィールド 、ゲンジの木の葉返し、D.VAのディフェンス・マトリックスを貫通する
-攻撃範囲は前方40°程度
-弾倉火力は300。DPSの割に弾が尽きるのが早い
***ジャンプ・パック - JUMP PACK [#ae4eeec4]
&ref(編集用画像一覧/key_pc_shift.png,,100%); &ref(編集用画像一覧/key_ps4_l1.png,,100%);
|BGCOLOR(#333333):#ref(編集用画像一覧/winston_icon_2.png,,100%)|~ダメージ|最大50|
|~|~ヘッドショット|-|
|~|~クールダウン|6秒(2秒)|
|~|~PCデフォルトキー|Shift|
|~|~PS4コントローラ|L1|
エネルギーパックの推進力を使って宙に飛び上がる。着地時に付近の敵をよろめかせ、ダメージを与える。
-ULT『プライマル・レイジ』発動時はクールダウンが2秒になる
-ジャンプ中はテスラ・キャノン、バリア・プロジェクター、近接攻撃、プライマル・レイジが使用可能
-着地の直前に近接攻撃をするとそれの硬直がキャンセルされる
-上昇中に身体が床判定の所にこすれるとそこで終了する。上り坂での使用の際には注意
***バリア・プロジェクター - BARRIER PROJECTOR [#ld0ec8d1]
&ref(編集用画像一覧/key_pc_e.png,,100%); &ref(編集用画像一覧/key_ps4_r1.png,,100%);
|BGCOLOR(#333333):#ref(編集用画像一覧/winston_icon_3.png)|~バリア耐久値|600|
|~|~効果時間|6秒|
|~|~クールダウン|13秒|
|~|~PCデフォルトキー|E|
|~|~PS4コントローラ|R1|
左手でシールド・プロジェクターからドーム状のシールドを展開する。シールドは一定のダメージを受けると消滅する。また、内側の味方の攻撃はシールドを通過できる。
-600ダメージを受ける、もしくは6秒経過すると消滅する
-バリアを設置した瞬間からクールタイムがはじまる
-使用する際に移動や攻撃が中断されない
-崖際で使用するとシールドが球状になり、下方からの攻撃も防げる
-展開するのにかかる時間は0.5秒程度
-バリアの半径は約5m

オーバーウォッチwiki
https://wiki.denfaminicogamer.jp/overwatch/


***プライマル・レイジ - PRIMAL RAGE [#z0c27e47]
&ref(編集用画像一覧/key_pc_q.png,,100%); &ref(編集用画像一覧/key_ps4_sankaku.png,,100%);
&color(red){''ULTIMATE ABILITY''};
|BGCOLOR(#333333):#ref(編集用画像一覧/winston_icon_4.png)|~ヘルス増加|900+Armor100|
|~|~効果時間|10秒|
|~|~ダメージ|40(殴り)|
|~|~移動速度|+30%|
|~|~PCデフォルトキー|Q|
|~|~PS4コントローラ|△|
野生の本能を解放する。ライフが大幅に上昇するほか、近接攻撃の威力が増加しジャンプパックのクールダウンも短くなるが、効果中は近接攻撃とジャンプパックと通常のジャンプしか使用できない。
-効果中はウィンストンの移動速度が増加する
-ヘルスは必ず最大まで回復する
-殴りにノックバック効果付与、環境キルも狙える
-発動時にジャンプパックのクールダウンが強制リセットされる
-ジャンプ・パックのクールダウンが2秒になる
**考察 [#yaef7d2d]
***基本的な立ち回り [#q01e2028]
ジャンプパックで敵裏に飛び込み、球体バリア張って攻撃を耐えながらも照準いらずな武器テスラキャノンで後衛を食い散らかし、また颯爽とジャンプパックで逃げていく高機動タンク。

基本的には、交戦状態にある前線からジャンプパックを使い敵を大きく上から飛び越して無理矢理後ろを取り、後衛スナイパーヒーラーを狩って行くのがウィンストンの仕事になる。
そうすることで、後衛を狩れれば万々歳、そうでなくとも敵数人は後ろを向いて対処せざるを得なくなり戦闘中の前線は有利になる。
ウィンストンは、「前線を押し上げる」というよりは、「敵に前線を下げさせる」タイプのタンクだといえるだろう。

突っ込むのが仕事なのだが、「突っ込んでかつ生き残る」というのは中々難しい。片道特攻では道は開けないということを肝に銘じておくべき。
いくつか生き残るポイントをあげてみよう

ジャンプする際は上に跳ぶのが大事、人間は上への注意は散漫で死角になる、ジャンプは照準の方へ跳ぶので「一瞬だけ上を向いて高く跳ぶ」といい。
可能な限り敵の最後尾(大抵スナイパーorヒーラーorバスティオン)まで跳びたい、強引な擬似挟み撃ちに持ち込むのが目的なのでこっちが挟まれてはよくない。
実際にMAPを跳び回ったり動画を見たりして、どこが跳び越えられるかを覚えよう。思わぬ上からの奇襲で敵を揺さぶって敵中を荒らしまわるウィンストンは厄介だ。

突っ込んだらバリアを張る、最初の内は撃たれたら即張るぐらいでいい。慣れてきたら温存できたり、丁度いいタイミングが見えてくる。
バリアは敵も入ってこれるが弾は通さないので、敵が入ってきたら自分は出る、引く敵を追いかけて逆襲してきたらまた入る、といった具合にバリアの端に位置取りに出たり入ったりする駆け引きテクニックを使うとダメージを抑えられる。

逃げ帰るタイミングは最重要、慣れない内はジャンプパックのCDが回復したらすぐ逃げてしまってもいい、生き残るのが最優先、注意を引くだけで効果はある。
逃げる時も上向きジャンプ、味方の方に逃げて回復してもらうか、回復パックを拾いにいこう。「困ったら上に跳ぶ」馬鹿みたいだが結構有効だったりする。

アルティメットのプライマル・レイジはキルは取りにくいが、かなりの耐久と機動力を得ることが出来る。
体力が即座に1000まで上昇回復するので、できるだけダメージをもらってギリギリで発動するといい。ジャンプパックのCDが2秒になるので使いまくって動きまわろう。ジャンプのダメージもCD2秒なら中々のもなので攻撃的にジャンプを使っていくといい。
強引な敵中突撃の保険や突撃時間延長につかったり、後方支援なしで一人深くまでつっこみ時間稼ぎをしてペイロードを進めたりキャプチャー率を稼いだりできる。敵をふっとばすため敵の陣形をズッタズタにして連携を乱してやるのも強力。
当然きちんと生還すること、調子に乗ると割りとあっさり落とされてしまう。ウィンストンは怒っていてもプレイヤーはクールであるべし。

後衛狩りを繰り返すと、敵もアンチピックでタンク、リーパー、バスティオンが増える。敵の編成を見て、狩れるのがルシオとオフェンス一人というような状況になったらこちらも素直にキャラを変えよう。リーパーやゼニヤッタはそれらのキャラと相性補完が出来ているので使えるようにしておくと良いかも知れない。

メイン武器のテスラ・キャノンは、射程は短いが雑な照準でも敵を狙ってくれるため動き回る敵に対して効果的。ぴょんぴょんルシオやゲンジを狩ろう。
雑なエイムでも当たってくれるのでこちらもぴょんぴょんすればシンメトラ程ではないが被DPSを下げられる。
一方でDPSは低く、高体力高火力のキャラには苦戦を強いられる。少しでもDPSを上げる方法としては、死に際の敵には近接攻撃も狙う、ジャンプ・パックの衝撃波を当てる等の方法がある。近接攻撃はテスラ・キャノンよりも射程が短いので、確実に止めをさせる時だけ使おう。
***得意な相手 [#uaf22ecc]
スナイパーの排除が最優先だが、サポートも積極的に狙っていきたい。サポートのいなくなった前線はたやすく崩壊するからだ。
&ref(編集用画像一覧/widowmaker_kc.png);ウィドウメーカー : 移動手段が横移動なので追いすがり易い
&ref(編集用画像一覧/mercy_kc.png);マーシー:不規則な移動にすがりついて確実にキルが取れる
&ref(編集用画像一覧/genji_kc.png);ゲンジ : 木の葉返しではテスラ・キャノンを防げず、火力も低いので安全に処理できる。
&ref(編集用画像一覧/hanzo_kc.png);ハンゾー : 移動手段が縦移動なのでウィドウメーカーより取り逃しやすい、火力も高いので後ろをとっても油断は禁物。
&ref(編集用画像一覧/lucio_kc.png);ルシオ : 着地からテスラ1マガジンで安定してキルが取れる。ペイロード周りやキャプチャー陣地内をぴょんぴょん跳ね回る厄介なルシオを狩るのは大事。
&ref(編集用画像一覧/pharah_kc.png);ファラ : キルは困難だが球形バリアが空中ロケットに対して効率的な防御となり、仕事をさせないことが可能。ジャンプして攻撃すればプレッシャーもかけられる。
&ref(編集用画像一覧/junkrat_kc.png);ジャンクラット : 奇襲は容易いが欲張ると反撃される。仕事をさせないことで良しとしよう
&ref(編集用画像一覧/symmetra_kc.png);シンメトラ : テスラ・キャノンでセントリー・タレットを根こそぎ破壊できる
//&ref(編集用画像一覧/dva_kc.png);D.VA:メカに乗ってる状態は厳しいが、中身を狩るのは容易。
//&ref(編集用画像一覧/zenyatta_kc.png);ゼニヤッタ : 先手を取れば問題ないが、不和のオーブに要注意。バリアを挟めば不和は飛ばせないのでバリアをうまく使おう。
***苦手な相手 [#e65b0849]
ウィンストンは短射程低火力なので苦手なヒーローは多い。相手の構成によってはピックしないほうが良い。
&ref(編集用画像一覧/bastion_kc.png);バスティオン:一番の天敵といっていい。こちらのバリアも、アルティメットでさえもセントリーモードで一瞬のうちに溶かし殺される。
//ショットガンを持っているキャラ : 体の大きさが仇となる。バリアとジャンプで最速で逃げよう
&ref(編集用画像一覧/reaper_kc.png);リーパー:リーパーの得意な距離で戦わねばならず、火力で大幅に負けている。折角削ってもレイス・フォームで逃げられる。
&ref(編集用画像一覧/dva_kc.png);D.VA:メインでメックを倒すのにリロード含めて20秒もかかる。一人で倒すのは事実上不可能。ULTによる環境キルですらブースターで容易に復帰。
&ref(編集用画像一覧/roadhog_kc.png);ロードホッグ:圧倒的火力差に加えフックも当たりやすく、目の前で回復されても火力が追い付かない。
&zenyatta;ゼニヤッタ :不和を付けられてしまうと生存能力が減ってしまい仕事が辛くなる、また狙っていた敵に調和を付けられると倒すのに2倍の時間がかかってしまう。
ソンブラ:ハックされるとジャンプパックが使えなくなり帰ってこれなくなる。
***相性の良い味方 [#w752187f]
ウィンストンはタンクだが、前線を維持する能力は無い。前線を構築するためには他のタンクが必要となる。
正しく立ち回れば敵のサポートはまともに仕事ができていないはずので、敵は崩れやすい。高い火力で前線を押せるキャラクターと相性が良いだろう。
また、基本的にソロで行動するためダメージを受けやすい。ヒーラーがいればすぐに攻撃を再開出来るようになるだろう。回復パックを求めて彷徨い歩いていたら回復してあげよう。
&ref(編集用画像一覧/pharah_kc.png);ファラ : スナイパーを封じて高所を自由に行動できるようになり、高所からの援護で生存率キル率が大幅に上がる。爆発攻撃のため敵が散らばりやすくなり、ゴリラの各個撃破が捗る。
&ref(編集用画像一覧/lucio_kc.png);ルシオ : マーシーより回復性能は劣るが、遠距離からでも回復を届けられるのが大きく、ルシオをキルしにくるファラの仕事を阻止可能
&ref(編集用画像一覧/mercy_kc.png);マーシー:高い回復性能により、ウィンストンの攻撃サイクルをかなり早めることができる。マーシーのultも素早くたまる。
&zenyatta;ゼニヤッタ :マーシーより回復性能は劣るが、遠距離からでも安定した回復を届けられるのが大きく、さらにウィンストンの仕事を不和でアシストすることができる。また、ゼニヤッタを倒しに来るゲンジやトレーサーを追い払うこともできる。
**ストーリー [#maa95351]
''『発明の起源は想像にあります』''

遺伝子改良により生まれた、高い知能を持つゴリラの科学者。ウィンストンは人間の可能性を信じている。

人類の新たな宇宙進出の一歩として建造された、ホライゾン・ルナ・コロニー。長期の宇宙滞在が人体に及ぼす影響を確かめるため、遺伝子改良されたゴリラたちもそこで暮らしていた。

そんなゴリラたちの中に、ひときわ急速な脳の発達を見せたものがいた。ハロルド・ウィンストン博士はこのゴリラを引き取ると科学を教え、人間の発明に関するさまざまな話を聞かせた。
やがて若いゴリラは博士の実験を手伝い、居住区の窓の向こうに見える青い星を眺めながら日々を過ごした。その世界で彼を待つ無限の可能性に胸を躍らせながら。

しかし、そんな暮らしも長くは続かなかった。コロニーのゴリラたちが蜂起し科学者たちを殺害、コロニーを乗っ取ってしまう。彼は最愛の師の名を継ぎ、即席のロケットを組み立て地球へと逃れた。地球ではオーバーウォッチが彼の新しい家になった。オーバーウォッチはウィンストンが愛する人間のすばらしさを体現していた。こうして彼は、自らの理想に従って生きられる場所を得た。

そしてオーバーウォッチが失われた今、ウィンストンは隠遁生活を送っている。信じる世界を二度奪わてもなお、彼はヒーローの再来を夢見ている。
*コメント [#y9a1d9c4]
#pcomment_nospam(reply)